サウジアラビア住宅建設部の項目でスパーク光電の高輝度一体型ソーラー街路灯はお客様の満足を獲得

 2020年の初めに、スパーク光電は200台以上の100 W一体型ソーラー街路灯の生産を完了し、サウジアラビアに順調に到着しました。高信頼性のリン酸鉄リチウムイオン電池とインテリジェント・コントローラーを一体化して、厳しい自然環境の試練に耐え、5年間の品質保証を提供しています。

 このプロジェクトでは、現地の住宅建設部が異なるコミュニティにソーラー街路灯をインストールし使用します。住宅建設部のサプライヤーになる前に、お客様はこの製品に対して、測光試験、IPテスト、衝撃試験と耐食性試験等の一連の厳格な検査を行いました。本製品は検査の結果、すべてのテスト基準に適合しています。

 また、スパークはCB認証をお客様に提供しお客様に現地にIECEE証明書を申請し登録し、通関を順調に行いました。

 ソーラー街路灯は高さ10メートルのランプポールに設置されています。ランプポール毎は同じ方向に2の照明器具を設置しています。

 中東サウジアラビアは夏の温度が極めて高くて50℃以上なることがあります。スパーク光電が採用したリン酸鉄リチウムイオン電池信頼性く、高温で正常に動作できます。製品の筐体は高強度のアルミニウム合金を採用し防食処理としての表面処理(塗装)を行いました。

 スパーク光電は照明業界の有名ブランドとして、太陽光照明に専念して13年を超えて、豊富なプロジェクト経験を積んでおります。スパーク光電は太陽光照明の研究開発と技術革新を引き続き強化し、新エネルギー照明の方向における技術革新の優位性を引き続き発揮し、より多くの革新的な照明製品を次々と発売し、省エネ・CO2排出量削減に積極的に貢献します。




メッセージ