スパークの高効率な投光器が日本での屋外運動場を照らす

 2018年8月にスパークの高品質な投光器が日本記念体育館の屋外運動場に成功に設置されました。スパークの専門的な照明ソリューションチームは、お客様に高効率で信頼性の高いソリューションを提供して、お客様からの高評価をいただきました。

 スパーク高天井灯は、わが社のエンジニアが自分で設計し、独立した研究開発を完成し、関連特許を申請しました。

 下記のメリットは世界の顧客様から多くの愛顧と好評を得ております。

1. 三種類の取り付け方式:ねじ込み方式(E39)、吊り下げ方式と投光方式(マウント式)で、異なる場所のインストールニーズを満たすことができます。

2. 高い発光効率:透明カバーで、170lm/Wに達します。

3. 信頼性の高い製品設計案:防塵、耐塩水噴霧性、耐高温、防湿

4. 筐体素材がアルミニウムとマグネシウムの合金であり、製品が軽量であります。

5. 防護等級:IP67

 お客様は、「スパークの高天井灯の効果が伝統のナトリウムランプと比べて、輝度が高く、均一性に非常に優れ、グレアなしで眩しくなく、光線が柔らかく快適で、この運動場に来た顧客が良好な体験を得て、取り付けた後の効果には非常に満足している」とフィードバックしました。

 スパークのLED照明製品は、世界の省エネ・エコ・炭素削減に貢献しております。世界がグリーンエネルギーを提唱する環境下では、人々の省エネ・環境保護意識は高まっていて、実践もしています。今回のLED高天井灯プロジェクトはこれをな体現しました。

 スパークのLED投光器が日本に成功に設置されたことは、日本照明市場での拡販をさらに推進する自信を伸ばしました。今後は、私達はより優れた技術とより心を込めたサービスをお客様に提供し、双方にとって有利な状況(win- win situation)を作り出すことに努めております。


メッセージ