スパーク光電は「気候変動に対応するソーラー照明をカンボジアに贈与するプロジェクト」を落札

Date:2019/12/26

 最近、深セン市スパーク光電科技有限公司は、中国生態環境部の気候変動対応の南南協力のソーラー照明をカンボジアに贈与するプロジェクトを落札しました。

 今回のプロジェクトでは、中国側は、スパク光電製の2800セットソーラー街路灯システム、200セット校地用太陽光発電システム、及び200台の電動バイク照明器具と扇風機などを提供しカンボジアの電力なし或いは電力不足地域に市政道路照明と学校照明の基本的な電を提供します。

 スパク光電は照明業界の有名ブランドとして、長期にわたって、国家(CNAS)認可の光電実験室、広東省太陽エネルギー照明応用技術研究センター、深セン市太陽エネルギー半導体照明技術研究室及び深セン市清環知恵照明技術研究院を科学技術のキャリヤーとして、太陽光照明技術の研究開発と革新では、絶えず技術難関を突破し進歩を遂げています。パキスタン、ミャンマー、モンテネグロ、アンチグアバーブーダ、ガーナなどの20余りの国地域では、中国気候変動対応と「一帯一路」において、太陽光発電システム街路灯を贈与するプロジェクトを請け負ったことがあり、全世界の省エネ・節電・co2削減を実現し、気候変動対応能力向上させることに積極的に貢献しています

 今回スパク光電生態環境部の気候変動対応の対外援助物資プロジェクトを再度請け負うことは、企業の光栄と責任です。それと同時に、スパク光電は、スパーク光電、グリーンな生活を照らす」企業使命を真剣に実践しています。


メッセージ