スパーク光電は「天津1001プロジェクト」の道路NB-IOTスマート照明プロジェクトを落札

Date:2020/03/25

 最近、深セン市スパーク光電科技有限公司は、「天津1001プロジェクト」の道路NB-IOTスマート照明プロジェクトを落札しました。このプロジェクトは天津市が中国で率先して策定した「スマート都市・スマート照明」の三年間改造・改善計画であり、街路灯施設を改造し、スマート都市の建設を推進し、魅力的な夜景を作り、都市照明を全面的に向上させることを目指しています。

 今回のプロジェクトでは、スパーク光電は天津市に初回ロットの6000セット近くのスマート街路灯を提供します。当該街路灯はゲートウェイ、NB-IOT、故障警報、データの自主的な報告などの最新技術を含みます。スマート街路灯を設置環境に完全に取り入れると同時に、使用寿命をより良く延長し、モノのインターネットプラットフォーム状態の遠隔診断と故障警報を実現します。スマート都市を構築するために科学技術要素を活かし、都市街路灯の管理にデータの精密化を実現させます。

 スパーク光電は中国のスマート照明のトップブランドとして、豊富な開発力と専門的な技術チームを持っており、長期的に当社の国家認可(CNAS)光電実験室、省部級工学技術センター及び深セン市スマート照明技術研究院などを利用しており、高水準のインテリジェント照明ソリューションを提供することに取り組んでいます。同種のプロジェクトの建設では、スパーク光電は相次いで深セン市龍華新区、深セン市の新規国際コンベンションセンターなどの市区に複数のスマート照明ソリューションを提供しました。それと同時に、海外でもこのようなスマート照明プロジェクトを何度も担当したことがあります。

 この度、スパーク光電は天津市の夜景照明の改造とスマート都市の建設に協力し、インテリジェント照明業界の革新と発展に積極的に貢献し、「スパーク光電、グリーンな生活を照らす」の企業使命を実践します。



メッセージ