深セン市スパーク光電科技有限公司が2017年度の深セン市特許賞を受賞する

Date:2019/01/03

 2019年1月2日は新年の勤務初日す。深圳の大会堂では、市科学技術奨励大会深圳市長の陳如桂が司会しました。今回の大会には、市の指導者、区指導者、各職能部門及び受賞単位等の500人以上が参加し2017年度深圳科学技術革新の進展に貢献した単位と個人を表彰しました。スパーク光電が会議の受賞単位として、呉峰総裁招待に応じて表彰を受けました。 


 深セン市委員会書記の王偉中と深圳市長の陳如桂は、この都市革新が発展の主導的な戦略としての特質及び知識と人材を尊重することを体現するために、今年から毎年勤務初日に全市科学技術奨励大会を開催することを発表しました。イノベーションは、私都市の変革とアップグレードを推進し、高品質な発展を実現していきます。


 今回の授賞は2017年度の科学技術賞であり、市委員会書記、市長、副市長等の指導者が授賞を行いました。スパーク光電の「街路灯ネットワークの制御方法と街路灯」プロジェクト深セン市の科学技術(特許)賞を受賞しました。この特許関連技術は、太陽光風力等の再生可能エネルギーの充分な応用を促進することができ、現在の地球温暖化の危機を緩和することに重要な役割を果たしています。

 

 近年、スパーク光電は広東科学技術賞、著作権賞、深セン市科学技術(特許)賞等を受賞しました。今回の受賞は会社が長期にわたり研究開発チームの増強と科学技術の革新を重視していた成果で。会社は国家級(CNAS認証)光学・電気実験室、広東省級の工事技術センター、市級の知能型照明研究室があり、技術の研究開発を強力に支えています。なお、科学技術の革新から成果への転換のために良好な条件を提供して、有効に会社経営及び照明業界の発展に積極的な貢献をしています。



 

メッセージ