黄河最初の地下鉄を照らして、スパーク光電が新しい道を拓く

Date:2019/03/20

最近、中国最初の黄河の下を横切る地下鉄「蘭州地下鉄1号線」の一期工事が既に総合並列調整&並列テストの最後の肝心な時期に入り、もうすぐ注目される試験運営の段階を迎えます。スパーク光電は先にLED照明の魅力を見せましょう。

 

蘭州地下鉄1号線は全長約34kmであり、全線には合計24個のステーションがあります。その中に、一期工事の迎門灘から馬灘までの右線トンネル工事が順調に黄河南岸の土手に進み、中国最初の黄河の下を横切る地下鉄トンネル工事です。

 

地下鉄の照明灯具につきましては、蘭州地下鉄1号線の仕入れ要求が非常に厳しかったですが、スパーク光電はレール交通照明領域に取得してい業績、優れた製品の優勢と豊富 な技術経験によって、国内の多くの有名なブランドメーカーの中で競り合い、一挙に優勝しました。

 

路線の計画戦略の要求、設計理念、プラットホームの特色と環境要求などによって、国の省エネ・排出削減の呼びかけに積極的に応えて、スパーク光電は蘭州地下鉄1号線のために、良質な地下鉄LED照明ソリューションを丹念に設計し提供して、地下鉄全体のステーションを明るくきれいにして、美観にも優れて、それと同時に甘粛特色と黄河文化を加えて、独特な魅力を醸し出しています。

 

地下鉄照明の分野では、スパーク光電はリードする地位に立っています。スパーク光電の請け負った深セン地下鉄7号の線照明工事は2015年深セン市の重大な民生工事の一つであり、深セン市地下鉄の精製したLED照明工事であります。また、この照明工事のため、2017年に国家品質工事の金賞中国語:国家优质工程金质奖を受賞し、四つの国家級の重要な賞を獲得し、省級の賞が124個あり、市級の賞が35個ありました。




メッセージ