LED照明のエネルギー効率に関する国家標準の制定にスパークが参加する。

Date:2019/05/13

 4月4日に、深セン市スパーク光電科技有限公司などの業界トップ企業の起草したGB37478-2019「道路とトンネル照明用LED灯具のエネルギー効率の最小許容値とエネルギー効率等級」国家標準及びGB 30255-2019室内照明用LED製品のエネルギー効率の最小許容値とエネルギー効率等級」の国家標準承認され、発布されました。

  標準は公認の機関によって制定され、承認された書類で。業界では、標準を獲得した者が天下を取るという説があり、標準を制定することの重要性が示されています。数年来、スパークは国家標準の起草と制定に何度も参加し、これらの国家標準は最終的には採用され発布されました。これは、スパークにとって大きな栄誉であり、それと同時にスパーク業界において「発言権」を持っていることを体現しています。

 「国家標準」と「業界基準」を基本規範として、仕事を進めています。それだけではなく、スパーク光電は国家標準・業界標準の制定、改訂に積極的に参与し、長年にわたる業界の経験をもって、自分の力で中国のLED照明業界の発展に貢献することを希望しております。今まで、スパーク光電が起草・制定に参与した業界、省級と国家級の照明標準は既に30項目以上に達しました。

 標準の起草者として、スパーク光電はいつも高い標準で厳格に規範に従って、「品質、革新、信用、サービス」の核心価値観を実践して、製品の品質管理を最優先にしています。それと同時に、科学技術の革新を重視し、数年来スパーク光電は巨額の人力、物資、財力を投入し、自主的な研究開発の能力を強化し、高水準の技術革新を堅持しています。現在、「光電、放熱、知的駆動、知能制御システム、太陽光と風力のハイブリッド発電、エネルギー管理システム」などの技術分野で100件以上のLED照明関連の重要特許を獲得しており、業界のリーダー企業になることを目指してまいります。

 長年にわたる標準起草と制定の仕事は、LED照明業界の全体的な発展を促進しただけでなく、企業自身の研究開発を促進しました。今後、スパークは必ずリーダーの模範的な役割を果たして、もっと厳しい要求基準会社を管理して、業界の規範化標準化を積極的に推進して、業界の市場秩序を積極的に維持して、LED照明市場の明日を更に明るくするようにしていきます。




メッセージ