2019年アメリカ国際照明展示会(LIGHTFAIR International2019)にスパーク光電は革新的な製品を出品する。

Date:2019/05/27

2019年5月19~23日、スパーク光電北米マーケティングチームは「LIGHTFAIR International2019」に出展しました。今回の照明展示会はハイテク高品質で、業界に強い影響のある盛会であり、約3万業界関係者が来場しました。また200時間以上の専門訓練と多数のセミナーを行いました。

LEDグリーン照明業界トップ企業として、スパーク光電は19年以上にわたり屋外照明と工業照明を専門に製造しており今回最新デザインのOmegarシリーズLED街路灯、平板型ハイベイライト、駐車場ライト及び太陽光街路灯を発売しました。

OmegarシリーズLED街路灯の独特な設計多くの来場者の目を集めて、150lm/Wの高効率及び各技術の細部アメリカ市場の需要を満たすように設計されています。

また、スパークの一体型ソーラー街路灯も多くの来場者注目を集めていました。その独自の設計は北米市場標準に適合し、国際標準にも適合し、それにUL、DLC等の認証を取得し、既存の顧客と新規顧客に人気があり、ほかに高効率、安全、省エネ、環境保護などの総合的な利点があり、スパークを今回の数多い出展者から際立たせました。太陽光発電は、グリーンエネルギーとして米国でますます人気を集めており、多くのお客様はこのシリーズ製品のディーラーになることに興味がありました。

スパークの自主開発した革新的な製品は米国のハイ・エンド市場の要求を満たし、米国市場の多くの良いお客様の興味を引きつけて、サンプルが要請され、具体的なプロジェクトビジネスでの商談を始めました。これから、スパークは北米のハイエンド市場と長期的な協力関係を築き、さらに国際化に向けてスパークブランドを推進しています。

スパークは、絶えず革新を続け、巨額の人力、財力、時間を投入し、動的な市場ニーズを満たす新技術新製品を開発し「品質、革新、信用、サービス」核心価値観を堅持し「グリーンライフを照らす」企業使命を忘れず中国「一帯一路」発展戦略と世界経済のグローバル化の推進に積極的に応え、海外市場開拓に努力中国グリーン照明業界の発展を推進し続けています。



メッセージ