スパーク光電は中国生態環境部の気候変動に対応する対外物資贈与プロジェクトを落札する

Date:2019/06/14

 最近、深セン市スパーク光電科技有限公司は「生態環境部の気候変動に対応する対外物資贈与プロジェクト―ギニア共和国に家庭用の太陽光発電システム及びLEDライトを贈与するサブプロジェクト」を成功に落札しました。多くの優秀な企業間の競争に勝ち今回のプロジェクトを落札したことは、スパーク光電に対して、国家の対外援助プロジェクトを請け負うことが大きな栄誉で、会社の総合的な実力に対する肯定的な評価です。

 今回のプロジェクトには、スパークは約1000セットの300~1200Wの太陽光発電システム及び搭載されている13万個の室内用LED照明器具を提供し、約1000か所の電力不足の職場・病院・学校・家庭の基本照明問題を有効に解決することができます。 長年にわたってスパークは研究開発、技術革新、製品品質、技術サービスと国外プロジェクトの総合的な実行能力を重視して、何回国家の気候変動対応プロジェクト及び「一帯一路」対外援助プロジェクトを請け負っていました。例えば、アンティグア・バーブーダ総理府のLEDソーラー街路灯プロジェクト、家庭用の太陽光発電システムムをガーナに贈与するプロジェクト、太陽光発電システムムをネパールに贈与するプロジェクト等です。

 今回、また生態環境部の気候変動対応の対外物資贈与プロジェクトを獲得したことは、スパーク光電にとって光栄と責任であるとともに、国際化の推進において更にスパークの良好なブランドイメージを築きます。

 

 


メッセージ