深セン市清環知能照明技術研究院の開所式典

Date:2019/08/24

 2019823日午前、深セン市福田区1006号深セン国際創新センターA座27階で「深セン市清環知恵照明技術研究院」の設立式と開所式典が行われました。深セン市と福田区の関連職能部門の指導者、市照明学会・市知能照明ポール促進会・照明科学領域の有名な専門家及び企業代表者が参加しました。

呉峰CEOが挨拶された。


 粤港澳大湾区建設の計画と中国の特色ある社会主義先行模範区の建設が次々と行われているにつれて、科学技術の革新を更に深化し、知能照明分野の各核心技術の難題を克服し、一流の科学技術成果転化プラットフォームを作り、技術革新と産業応用との橋を架けるために、スパーク光電は長期産学研協力に参加している清華大学、北京大学、中国科学院、北京科学技術大学などの有名な大学と、「深セン市清環知能照明技術研究院」を設立しました。

元の深セン市民政局副巡視員・孫景明氏が挨拶された。


「深セン市清環知能照明技術研究院」の主旨的は:知能照明が人類の生活を変えることであります。重点研究の方向は、ハイパワーな知能照明、ソーラー照明、知能照明ポール、IoT(Internet of Things)の照明技術、照明システムと管理プラットフォームなどの学科であり、政府と社会の知能照明、IoT(Internet of Things)及び管理プラットフォームの市場調査、コンサルティング、実行可能性報告、システムソリューションとサービスなどを担当しています。

 今後、研究院は「真実を求め現実的に実施、科学が厳格である」の態度を維持して、積極的に研究を展開して、知能照明と知能都市のために多くの成果を出すように努めていきます。同時に各学術団体、業界協会、技術連盟を積極的に団結させ、広範な交流と協力を深め、知能照明と知能都市建設に積極的に貢献し、大湾区と中国の特色ある社会主義先行模範区の建設に光彩を添えるように努力していきます。

 


メッセージ