スパーク光電から請け負った「中国がギニア共和国に贈与する家庭用太陽光発電システム及びLEDライト」は出荷準備が整う

Date:2019/09/07

 2019年の6月を振り返って、スパーク光電は、多くの優秀な企業間の競争に勝ち、「中国生態環境部の気候変動に対応する対外物資贈与プロジェクト——ギニア共和国に家庭用太陽光発電システム及びLEDライトを贈与するサブプロジェクト」を成功に落札しました。

 9月4日に、約1,000セットの300-1200Wpの家庭用太陽光発電システムと約130,000個の屋内用LEDランプがコンテナに梱包され、出荷準備が整いました。約1000か所の電力不足の職場・病院・学校・家庭に基本照明を提供します。 このプロジェクト順調に進んでおり、出荷準備が整ったことは、スパークのすべてのスタッフからの協力及び会社の整った経営管理制度による結果です。 その間、複数のプロジェクトが同時に実施され、複数の生産ラインが同時に稼働しました。 製造プロセスの高精度制御が行われ、すべてのスタッフは一生懸命働き、秩序立てて職務を遂行しました。

 スパークは、このプロジェクトを厳密にフォローしており、全ての原材料を厳しくチェックすることから着手、生産ラインの各プロセスを厳格に管理し、各製品の品質テストを行いました。あらゆる面で品質重視を貫くことが、スパークの企業理念になっています。 スパークは長年にわたり、引き続き「技術革新製品品質技術サービスを重視しており、照明分野での革新的な新エネルギー技術で多くの特許を取得しています。 近年、技術革新の優勢により、スパークは気候変動「一帯一路」国際協力に対応する対外援助プロジェクトの、太陽光発電システム及びLEDライトを贈与するサブプロジェクトを何回か請け負いました。

 

 

 

 

 


メッセージ