深セン市は全国初の多機能インテリジェントポールの地方標準を公表

Date:2019/09/29

 2019年9月26日午後、深セン市産業情報局が主催した深セン市の「多機能インテリジェントポールシステム設計と工事建設規範」の地方標準の発表会は深セン市民センターの多機能ホールで開催されました。深セン市の関連職能部門の指導者、地方標準の制定に参加した30社以上の企業代表者、各界代表とマスコミなど数百人は発表会に出席しました。

 今回の会議は正式に全国初の「多機能インテリジェントポールシステム設計と工事建設規範」の地方標準を発表し、深セン市情報通信インフラの特別計画を開始することを発表しました。全国初の地方標準として、この仕事は深セン市の産業情報局と都市管理局が先頭に立ち、深セン市の他の職能部門、業界のリーダー企業、社会組織などの数十社の代表的な単位が参加し、半年ほど苦労して標準を制定しました。標準は多機能インテリジェントポールの機能分類、応用シーン、設備技術、データ共有、安全要求、システム工学、運営・メンテナンスなどの各プロセスと環節から、新型のインテリジェント都市で多機能インテリジェントポールの普及、5G時代のアップグレードと通信インフラの改造などの過程に対して指導的な役割を果たし、インテリジェント都市の発展を推進しています。

 会議では、地方標準の制定に参加した単位の華為(Huawei)、中興通信、深セン鉄塔、スパーク光電、インテリジェントポール産業促進会など30社以上の各分野をリードする企業、社会組織と市政府の関連職能部門を表彰しました。それに、「深セン市情報通信インフラ特別計画」の編成の仕事を開始し、5Gの需要を主な部分とし、データセンター、通信機械室、通信機械ビル、基地局の分布、多機能インテリジェントポールと通信パイプラインなどのインフラを統一的に計画しました。

 多機能インテリジェントポールはインテリジェント照明、WIFI、小型基地局、ビデオモニター、都市環境モニター、放送、充電パイルなどの通信及び感知装置を搭載することができ、多機能を実現し、伝統的なポールの機能制限を打破し、インテリジェントゲートウェイ、エッジコンピューティングなどの機能モジュールを搭載します。物理の統合に基づき、データの集成とインテリジェント管理を実現し、インテリジェント都市の全面的なセンサーネットワークシステムの構築に十分な物理的空間と良質でダイナミックな環境を提供します。

 今後、スパーク光電は引き続きポールをキャリヤーとして活用し、多様なインテリジェント都市共通管理アプリケーションを搭載し、完全な「モノのインターネット」のプラットフォームを通じて、多機能の統合を実現し、新興技術を採用し、都市内の各種公共施設の集約的な建設と知能化制御を全面的に実現し、各種類の共通資源のプラットフォームを共有化し、データ通信を可能にすることで、ビッグデータの活用、都市管理効率の向上、モノのインターネットの推進など、戦略的新興産業の発展に貢献していきます。

メッセージ