スパーク光電の請け負った「中国がギニア共和国に贈与する家庭用太陽光発電システム及びLEDライト」の受け渡しを順調に行った。

Date:2019/12/23

 2019年12月12日に、南南協力の生態環境保護・気候変動対応プロジェクト「ギニアの環境・水域・森林部に贈られる住宅用太陽光発電システム」の受け渡しがギニア共和国の首都コナクリで順調に行われました。駐ギニア特命全権大使の黄巍氏は引き継ぎの手続きにサインし、ギニアの環境・水域・森林部長のOyé GUILAVOGUIは受取にサインし、スパーク光電の代表も受渡証明書にサインしました。

 

 本プロジェクトには、中国生態環境部は、約1000セットの住宅用太陽光発電システム及び約13万個の省エネなLEDランプをギニア共和国家に贈与し、ギニアの気候変動に対応する能力を向上させるためにギニアを支援しました。

 今回の物資を贈った時は、あたかも両国国交樹立60周年に当たります。習近平国家主席は、ギニアのコンデ大統領と祝電を交換し、両国国交樹立60周年を祝い、友好と相互信頼を深めるなどの期待を寄せました。

 ギニア環境水域森林部とギニア国連職員は、中国無私の援助を高く評価しています。


メッセージ